iPhone

iPhoneのAirDrop(エアドロップ)がうまくできない時の設定方法

のんブログ
のんブログ
こんにちは、iPhone修理業に務めるのんです。


iPhoneのAirDrop使ったことありますか?

一時期、AirDropの機能を悪用して電車の中で如何わしい写真を無数に送りつけるといった事件があったのであまりいい印象は持たれてはいないですが正しく使えばとっても便利な機能なんです。

今回はそんなAirDropがうまくできない時のiPhoneの設定方法をご案内していきます。

AirDrop(エアドロップ)とは

AirDropとは
iPhone、iPad、MacなどのApple製品同士で写真や動画、書類などをコードレスで共有できる機能です。

AirDrop(エアドロップ)を使用できる条件


共有するデバイス(iPhone)同士が近くにあること

たったこれだけです!

ガラケー時代に連絡先を遠赤外線で交換していたようなイメージです。

AirDrop(エアドロップ)がうまくできない原因と設定方法

共有先が「連絡先のみ」になっている

AirDropの受信設定は「連絡先のみ」「すべての人」の2種類から選択ができます。

この「連絡先のみ」というのが非常にややこしく、送る側のメールアドレスまたは電話番号が受け取る側の連絡先に登録してある必要があります。

この場合のメールアドレスと電話番号はiCloudに登録してあるメールアドレスまたは電話番号です。

いちいち登録していては他の方法で送った方が確実に早いので受信設定を「すべての人」に設定を変更しましょう。

AirDropの受信設定の変更方法


まずコントールセンターを立ち上げます。

右図:ホームボタン搭載機種
左図:ホームボタン廃止機種(iPhoneXなど)


続いて、Wi-Fiアイコンを長押しします。


詳細メニューが表示されます。

AirDropの受信設定が「連絡先のみ」になっていますので変更していきます。

AirDropアイコンを長押しします。


AirDropの受信設定一覧が表示されるので「すべての人」を選択します。


これで受信設定が「すべての人」に変更されました。

双方のiPhoneでこの作業を行なってください。

お互いにWi-FiとBluetoothをONであること

受け取る側、送る側のiPhoneのWi-FiとBluetooth設定がONになっている必要があります。

この時、Wi-Fiは繋いでいても繋いでいなくても設定だけONになっていれば大丈夫です。

よく別の記事で「同一のWi-Fiに繋いで」と書いてありますが繋がなくてもAirDropは利用できます!

Wi-FiとBluetoothの設定方法


コントールセンターを立ち上げ、Wi-FiアイコンとBluetoothアイコンをタッチします。

以下のようにアイコンに色がつけば設定がONになっています。

どちらかのiPhoneでインターネット共有されている

受け取る側、送る側のiPhoneがどちらかがインターネット共有の設定がONになっているとAirDropが利用できません。

双方のインターネット拠有の設定を見直してください。

インターネット共有の設定方法


まずは設定のアプリを立ち上げインターネット共有を選択します。


インターネット共有の設定がOFFになっていることを確認します。

ボタンが無色であれば設定はOFFにできています。

さいごに

上記で説明した受信設定を「すべての人」のままにしておくと見ず知らずの人からもAirDropを受信してしまいます。

AirDropされたファイルなどは受け取るか受け取らないかは選択できますが知らない人から急に画像などが送られてきたらあまりいい気持ちはしませんので心配な方は設定を「連絡先のみ」に戻しておきましょう。

良い、iPhoneライフを♪

あなたにオススメの関連記事