iPhone

iPhoneのバッテリー交換の目安ってどれくらい⁉︎

近年、iPhoneやスマートフォンの高速的な普及によりスマートフォンを手放せない生活となっている現代ですが精密機器ということもあり端末トラブルからは逃れられません。

その中でも一度は経験したことがあるバッテリートラブルに関してお話ししていこうと思います。

こういった症状に心当たりはありませんか?

  • 電池の減りが早い
  • %(パーセント)表示がおかしい
  • バッテリー残量があるのに突然シャットダウンする
  • 充電はされているのにいくら充電しても起動しない
  • バッテリーが膨張してきた

上から下にいくほど症状は深刻になりますので心当たりがある方は早めにバッテリー交換を修理業者へ依頼した方がいいでしょう。

まずはバッテリーの劣化具合を知ろう!

iPhoneのバッテリーの劣化具合を見る方法は大きく二つあります。

①ios11以降のiPhoneから劣化具合を診断、確認する。

2018年3月よりリリースが開始されたios11.3ではバッテリーの状態が一目でわかる機能が実装されました。
※残念ながら
iPhone5、iPhone5c、iPhone5sまたこれら以前の機種では状態を確認することができません。

バッテリー診断方法

※まずは自分のiPhoneがios11.3以降にバージョンアップされているか確認をしよう。

「設定」アプリを開く

「バッテリー」項目を選択

3「バッテリーの状態」を選択

 

②サードパーティー製のアプリから診断を行う。

 

バッテリー・ライフ (Battery Life)

バッテリー・ライフ (Battery Life)

RBT Digital LLC無料posted withアプリーチ

 

※残念ながらこちらのアプリはios12以降が搭載されたiPhoneにおいてバッテリーの消耗状況を確認することができなくなってしまいました。

 

バッテリーの劣化具合を読み取ろう

バッテリー性能が正常な場合

長年使用していくことでバッテリーの中に入る最大容量が減ってきます。
その減少と比例して数値が変動していきます。

例えば…iPhone7の設計容量が1,960mAhなので半分の980mAhに減少すると
980÷1,960×100%=50%となるわけですね。

バッテリー性能が劣化している場合

 

 

 

このようにバッテリーが劣化してくると警告文が表示されます。
基本的には80%を下回ってくると【完全に劣化してきた】と言えるでしょう。

 

バッテリーの劣化が深刻だと最大容量の(%)表示がエラーを起こし正常に反映されないことがあります。

表示されているよりもはるかに劣化していることもありますので注意が必要です。

 

バッテリーの劣化スピード

iPhoneに使用されているリチウム電池の寿命は約1年半〜2年とは言われています。
が、結局は持ち主の使い方によって個人差があります。

iPhoneのフル活用する人は半年で劣化する人もいますし、3年使ってやっと劣化してきたという人もいます。

男性の口コミ
男性の口コミ
ちなみにこれは私のiPhoneXSの状態です。

バッテリーの最大容量が低ければ低いほど劣化しているといえます。
80%を下回っていればバッテリー交換をしたことによって
電池の持ちはかなり改善するでしょう。

※80%以下というのもメーカー推奨になるのであくまでも目安です。

劣化しているのにも関わらず放置するとバッテリー膨張や起動不良に
陥るケースがありますので交換はお早めに!

 

あなたにオススメの関連記事