Apple

iPhoneの充電ができない、その原因は?

のんブログ
のんブログ
こんにちは、iPhone修理業に務めるのんです。

iPhoneの充電ができなくなってしまったらどうしますか?

残量分でしかiPhoneを使えないとなるとこかなり困りますよね。

そんな充電トラブルが発生してしまった際に「どうしたらいいのか?」というお悩みに対してまとめてみました。

充電できない原因は3つとその予防策!

①ライトニンケーブル(充電器)が壊れている

まず一つ目は本体の故障ではなく充電器の故障の可能性があります。

ご自宅にライトニングケーブルの予備があるのであれば別のケーブルで充電ができるかどうか試してみましょう。

なければお近くの家電量販店で新しく購入しましょう。

予防策

・充電ケーブルの限界の位置までケーブルを引っ張らない。
・持ち運ぶ時に負担を与えるようなしまい方をしない。
・ケーブルを何かの下敷きにしない。

これだけ気をつけるだけでもケーブルは長持ちします。

それにケーブルの長さが必要であれば長めのライトニンケーブルも販売されていますのでそちらの購入も検討しましょう。

②充電器の挿しこみ口がショートしていて接触不良を起こしている

お風呂場でiPhoneを使ったりiPhoneで音楽を聴いたりする人がいると思いますがお風呂を上がった後すぐに充電をしている人は注意してください。

特に大幅に耐水機能が強化されたiPhone7以降を使っている人はその耐水機能をあまり過信しないでください。

iPhone7以降の機種(最新機種も含めて)で水没したという内容の修理は非常に多いです。

お風呂場で使用すると蒸気が充電挿しこみ部に侵入して充電をした時点でショートします。初めは問題なくても毎日の積み重ねで一切、ケーブルが認識しなくなります。

予防策

お風呂場で使用するのであれば簡易的な防水ケースなどに入れた状態で使用をしましょう。

またお風呂上がり後のすぐの充電は控えて時間を置いてから充電するようにしましょう。

③充電器の挿しこみ口にホコリが溜まっていて奥まで刺さらない

本来は写真のようにライトニングケーブルはしっかりと奥まで挿さる構造になっています。

それが銀色の部分が少し見えていたり軽く触ってケーブルがゆらゆら動くようだと中にホコリが詰まっている可能性があります。


普段、ズボンやコートのポケットの中に入れておくと充電器の接続部へ自然にホコリが溜まっていき毎日の充電でホコリが奥に追いやられ続けホコリでみっしり詰まってしまうのです。

この場合は自分自身で取り除くこともできますが充電器挿し込み部には8本の接続ピンがあるのでホコリを取り除こうとした時にこのピンを破損させてしまう危険性があります。

心配な方は専門の修理業者に依頼するのがいいでしょう。

※※自己責任でホコリ除去作業をお試しください※※

用意するもの
・細い安全ピン
・ブロワー(無くてもOk)


機種によっては見づらい場合がありますので明るい場所で作業を行なってください。

まず、内部の形状を頭に入れておく必要があります。
前述した8本のピンはiPhoneの画面を正面で見た時に下側に取り付いています。

ですのでホコリを取り除く時は上に上に安全ピンを当ててやればピンを破損させることはありません。

この要領を意識しながら自分の耳を耳かきするようなイメージでホコリの除去作業を行なってください。

今まで充電器が奥までささらなかった人はホコリの塊が中から出てくるはずです。

最後に細かいホコリたちをブロワーで吹き飛ばせば作業完了です。

予防策

ブロワーを購入して定期的なクリーニングを行うと良いでしょう。

必要であれば修理の依頼をだしましょう

iPhoneの充電部分がショートしてしまった場合は修理業者への依頼をしなければいけません。

ショートまでしてしまうとクリーニングをしても改善は望めないでしょう。


またこの場合、ライトニングケーブルを使ってのデータのバックアップ作業ができない場合がほとんどだと思いますので「まだ、データのバックアップを取っていない泣」という方はデータがそのまま戻ってくる可能性のある民間修理業者での修理を推奨します。

たくさんの業者がありますので必ず電話で問い合わせてから出向くようにしましょう。

さいごに

iPhone購入後すぐに充電ができなくなるわけではありませんが毎日肌身離さず使うものなので日に日に汚れていきます。

そこでiPhoneのクリーニングを少してもしておくと故障トラブルを事前に避けることができます。

永く安全に使うためにはiPhoneのクリーニングを心掛けましょう♪

あなたにオススメの関連記事