iPhone

iPhoneでQRコードのアプリはもう必要ない!

のんブログ
のんブログ
こんにちは、iPhone修理業に務めるのんです。


みなさんはQRコードのアプリをiPhoneにインストールしていますか?

お買い物する時にクーポンを取得しようとサイトにアクセスしたり紙媒体からサイトにアクセスする時にQRコードを読み取ると一瞬でサイトに飛べて便利ですよね。

最近ではLINEの友達追加で割引されるショップもありますが長いURLを入力しようと思うといくら安くなるとはいえめんどさいですよね、その場でQRコードのアプリを落とすのも手間がかかるし時間がかかって店員さんの目も気になります(汗)

そんな時にiPhoneをある条件にしておけば慌ててアプリのインストールをする必要もなければ長いURLを入力をする必要もありません。

「QRコードを使う」って言ってもそんなに機会もないですからアプリがどこにあるか忘れてしまって探すのに時間がかかるといったこともなくなります♪

アプリ不要でQRコードを読み込ませられようにする方法

方法はいたって簡単です!

iPhone(iOS)のバージョンをiOS11以降にアップデートすることで標準カメラを使ってQRコードを読み込めるようになります。

iOS11がリリースされてから時間が経つのでほとんどの方がアップデートされていると思いますがまだアップデートしていない人は以下の記事でアップデート方法をご説明してますので是非、参考にしてアップデートしてみてください。

iOSのアップデートはこちらから

iPhoneの標準カメラアプリでQRコードを読み取ってみよう


iPhoneの標準カメラを起動させます。


QRコードを撮影するようにカメラを向けます。

標準カメラには色々な撮影モードがありますが通常の【写真】モードで行ってください。

他のモードだと認識されませんのでご注意ください。
※スクエアモードを除きます。

実際に写真は撮らなくて大丈夫です。
カメラを向けるだけで自動的に読み込みを始めてくれます!優秀っ☆


iPhoneが自動でQRコードを読み込むので上図のようにポップアップが表示されたらタップすることでサイトへ飛ぶことができます。

アップデートしたのにQRコードが読み込まれない原因


カメラの設定でQRコードを読み取らないように設定してある可能性があります。

以下の方法を試してみてください。


【設定】を開きます。


【設定】を開くとトップページにカメラの設定項目があるのでそこまで下にスクロールしてください。


ここがOFFになっている場合、iOSが最新でもQRコードの認識がされません。

ここの設定をONにすれば使えるようになるはずです。

さいごに

意外と地味な機能ではありますが知っとくと大変、便利な機能です!

QRコードを読み込むアプリはたくさんありますがアプリを立ち上げて、開くブラウザを決めてとサイトにアクセスするまでの手順が多い印象を受けます。

それにiPhoneの内部容量の節約にもなりますのですでにアップデートしている方もそうでない方も活用してみてください^ ^

良い、iPhoneライフを♪

あなたにオススメの関連記事