iPhone

iPhoneが故障した?実はそれある方法で直るかも

こんにちは、iPhone修理業に務めるのんです^ ^

iPhoneの故障にはさまざなものがありますが
故障と思っているものがある方法で直るかもしれません。

例えば…

・画面が真っ暗なのに着信音が鳴っている
・画面に何も表示されないがサイレントスイッチを切り替えるとバイブレーションが振動する
・突然、タッチしても反応しなくなった
・充電器(ライトニングケーブル)を挿しても認識しなくなった
・カメラが真っ暗になって映らなくなってしまった
・iPhoneの画面がフリーズした

こういった症状はiPhoneの強制再起動で直ることがあります。

故障と思っていても単なる一時的なエラーが発生してしまっているだけの場合があるのです。

ただ、強制再起動で直ったiPhoneに対して補足すると
壊れる直前に壊れるようなことを何もしていないということです!

もちろん精密機器なので何もしていなくても壊れることはあります。

が! この方法で高確率で直ります。

反して何か破損に繋がるようなことをした心当たりがある場合はあまり期待せず試してみてください。

普通の再起動とは何が違うの?

結論から言うと一緒です。

ただ通常の再起動は画面を操作しなければ行えません。

それだと画面がフリーズして操作できない場合や画面に何も表示されていない状態では再起動を行えませんよね。

なので画面を操作することなく強制的に行うのが強制再起動です。

では強制再起動をしてみよう!

前述した通り強制再起動とは通常操作でiPhoneの電源を切ることができない場合にあるコマンドを使って強制的に電源を切り起動までさせる方法です。

それではご説明していきます。

iPhoneX以降のモデル

対応機種
・iPhoneXR
・iPhoneXSMAX/iPhoneXS
・iPhoneX
・iPhone8/iPhone8 Plus

  1. 音量を上げるボタン(ボリュームボタン+)を押してすぐ放します
  2. 音量を下げるボタン(ボリュームボタン−)を押してすぐ放します
  3. サイドボタン(スリープボタン)をアップルのロゴマークが表示されるまで押し続けます

①〜③までの操作は素早く行う必要があります。
よくボタンの配置を確認し正確に操作を行ってください。

iPhone7シリーズ

対応機種
・iPhone7
・iPhone7 Plus

iPhone7以前の機種はコマンド式ではないので簡単になります。

  • 音量を下げるボタン(ボリュームボタン−)とスリープボタンをリンゴマークが表示されるまで押し続けます。

iPhone6sシリーズ以前のモデル

対応機種
・iPhone6s/iPhone6s Plus
・iPhone6/iPhone6 Plus
・iPhoneSE
・iPhone5s
・iPhone5c
・iPhone5

iPhone7と同様にコマンド式でないので簡単です。

  • スリープボタンとホームボタンをリンゴマークが表示されるまで押し続けます。

強制再起動が上手くできない場合

iPhoneの電池が溜まっていない

強制再起動するのにも電池を消費します。

強制再起動をしているタイミングで電池が落ちてしまうと最後まで完了しないことがあります。

主に何も表示されていなくわからない場合が30分ほど充電してからもう1度チャレンジしてみましょう。

iPhoneのボタンが壊れている

強制再起動は物理ボタンを使って操作するのでボタンが故障してしまっていると強制再起動を行うことができません。

ボタンの修理をする際に一緒に故障箇所を見てもらいましょう。

最後に

この強制再起動で直らない場合は以下の原因が考えられます。

深刻なシステムエラ
解決策→アップデートの更新、初期化など

iPhone本体の故障
解決策→iPhone本体の修理、また交換など

経験上、システムエラーの場合は本体の修理では直せないことがほとんどですが
可能性は0ではないのでまずは修理店に持ち込み調査をしてもらうのもいいかもしれません。

こればっかりは実際に作業して調査して見ないとわかりません。

故障が原因でデータのバックアップが済んでいない方は(基本的に)データがそのまま戻ってくる非正規修理店の利用をおすすめします(_ _).。o○

さらに非正規修理店の中でも内部調査費無料の業者がおすすめです!
(つまり直らなかった場合の作業費は無料)

あなたにオススメの関連記事