iPhone

iPhoneを街中の修理店(非正規店)で修理したらバレるのか

のんブログ
のんブログ
こんにちは、iPhone修理業に務めるのんです。



iPhoneを壊してしまった時に修理できる場所は大きく分けて二つあります。

それはAppleストア(正規店)、街中の修理店(非正規店)です。

今回は正規サービスプロバイダを含む正規店以外の街中の修理店で修理したiPhoneを正規店に修理に出す場合に修理したことがバレるのかどうか解説していきます。


ま街中の修理店で修理をしたiPhoneはAppleストアで修理ができなくなりますのでどっちで修理しようか迷っている方は参考にしてください。

iPhoneが正規品じゃないと困る場面

iPhoneを正規店で修理する場合


一度でも非正規修理店で修理をしたiPhoneはAppleストアで修理ができなくなります。

保証などに加入している場合でも街中の修理店で修理をすると修理対象外になります。

iPhoneを下取りに出す場合



いつも新機種に買い換えるタイミングで下取りしてもらっている人は要注意です。

iPhoneを下取りに出す場合は契約を交わしているキャリアかAppleストアで出す方法があります。

そのどちらでも街中の修理店で修理したiPhoneは対象外になります。

結局、街中の修理店(非正規店)で修理したiPhoneはバレるのか

外見では絶対わからない


iPhoneの外見だけでは非正規店で修理したかどうかはわかりません。


例外として専門業に携わっている人であれば液晶の品質を見ただけで修理をしたかどうかの判別は容易にできますが正規品のみ取り扱っているAppleストアのスタッフ、キャリアのスタッフでは非正規品と正規品の違いを知らないので判別は難しいと思います。


もしあれ「なんか、おかしい」と思っても外見だけでは街中の修理店で修理をしたと証拠付けるものがありません。


なのでAppleストア、キャリアでも外見から見ただけでは修理をしたかどうか判別することは難しい上にわかったとしても確信はつけないということになります!


ちなみに僕は外見だけで下取りしてくれるキャリアで街中の修理店で修理をしたiPhoneを下取りをしてもらったことがあります(_ _).。o○

内部を調査したら一瞬でわかります


残念ながらiPhoneの内部を調査すると非正規店で修理をしたことは絶対にバレます


何故なら交換した部品に互換製品特有のマークがそれぞれの部品に印字されています。

印字されているマークは互換製品メーカによって違いますが目立つ位置にあるので開けた時点でわかります。

中には正規品と同じ印字されている部品を使っている業者もありますが基本的に商標違反になるので取り扱っているところはほぼ0に等しいでしょう。

内部を開けて部品を交換していないiPhoneはバレない?


基本的には修理を行わなくても分解した時点で改造品扱いになりますがiPhoneを外見から見た時同様に証拠がありません。


依頼した非正規修理店が内部をめちゃくちゃにしていない限りはバレません!


ただ耐水機能がついているiPhoneを分解した時に防塵・防滴テープがなくなるので良心的な修理店ではこの部分の取り付けも徹底していますがそうでない修理店も存在するので注意が必要です。

まとめに

前述した通り、iPhoneを非正規店で修理をするとほぼバレますがバレたところでお金を取られたりすることはないので一度ダメ元で修理に出してみたり下取りに出すのもアリだと思います(*・艸・)


以前までは改造品扱いのiPhoneは修理自体受け付けてくれませんでしたが今ではそのルールも緩和されてきておりお金さえ出せば修理を受け付けてくれる場合もあるみたいです。


良い、iPhoneライフを♪

あなたにオススメの関連記事