iPhone

iPhone7が圏外になる原因と修理方法

のんブログ
のんブログ
こんにちは、iPhone修理業に務めるのんです。

今はiPhoneユーザーの中でiPhone7を使っている人が一番多いのではないでしょうか?

実際に修理に持ち込まれる機種NO.1ですからね♪

今回はちょっと厄介なiPhone7の圏外問題についての記事になります。

では、どうぞ(σ。・ω)σ

iPhone7が圏外になる原因①

Apple公式の交換プログラム対象端末での基板故障

iPhone7において圏外表示になる場合のほとんどは基板故障が考えられます。

というのもApple公式から電波を認識させる部品に製造過程の段階で欠陥があり、今まで問題なく使えていたはずが突然と電波を認識しなくなる現象が発生していると発表がされています。

症状が発生するとモバイルデータ通信の提供エリアにおいてもiPhoneが圏外になってしまうので一切の通信ができなくなってしまいます。

非常に困りますね(汗)


本プログラムの対象機種ですがiPhone7(モデル番号:A1779)のみが対象とされ、2016年9月から2018年2月までの間に製造されたものに限ります。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

発売と同時に購入された方は製造時期がずれるので問題ないかと思いますが発売から少し後に購入した人は本プログラムの対象の可能性があります。

iPhoneの製造時期を確認することはできませんのでAppleストアで確認をしてもらいましょう。

改善方法(無償交換)

本プログラムの対象モデルだった場合は無償で交換をしてくれるそうなのでAppleストアで新しい端末と交換をするのがベストでしょう!

ちなみに民間修理業者(非正規修理店)で基板の修理をすることはできないためAppleで交換する必要があります。

基板修理サービスを行っている店舗を除きます。

基板修理をするという選択肢もありますが時間と手間がかかる上に修理代まで発生するのでおすすめできません。

Appleストアでの修理、交換はすべてのデータが消えてしまうので必ずバックアップを取ってから依頼しましょう。

無償交換の対象外になる事例


過去に街の修理店で画面や電池の交換をすでにしている人圏外以外に故障と考えられる箇所がある人は有償での修理になる可能性があります。


iPhoneのガラス割れ修理は街中の修理店の方が修理代金が安いので画面だけ直してあとはAppleストアで修理しようとする人がいますが間違いなくバレますのでお気を付けくださいね。

iPhone7が圏外になる原因②

iosのシステムのエラー

iPhoneは精密機器なので日常でさまざまなシステムエラーが発生します。

いろいろな動作が干渉しあい電波を掴まなくなる時があります。

システムエラーの改善方法

電波障害に関するシステムエラーに有効な手段としてSIMの再挿入、強制再起動、初期化などがあります。


詳しくは以下の記事で解説していますので是非、参考にしてみてください。

さいごに

iPhone7を使っていて圏外になってしまったという方はまずバックアップを早急に取りAppleストアへ来店の予約を行いましょう。

Appleの交換プログラムは突如終了することもあるので症状が確認とれた場合はお早めのご依頼を推奨します!

良い、iPhoneライフを♪

あなたにオススメの関連記事