格安SIM

b-mobile START(スタート)SIMは「最低利用期間なし&違約金なし」でMNP弾として利用可能!しかも安い!


3月5日よりMNP目的で契約するMNP弾として広く知られているb-mobile スマホ電話SIMより安いSTART(スタート)SIMが同じく日本通信から契約開始されました。

STRAT SIM 商品ページ

START SIMは最低利用期間と解約金はない



スマホ電話SIM同様に最低利用期間がないので解約金も発生しません。

START SIMはスマホ電話SIMのドコモ回線verです!

スマホ電話SIMとの価格比較

  スマホ電話 SIM START SIM
パッケージ代金(初期手数料) 3,000円 3,000円
月額基本料 1,950円 1,380円
MNP転出料 3,000円 3,000円
ユニバーサルサービス料 2円 2円
合計 7,952円 7,382円


※税別表記


従来のMNP弾として人気だったスマホ電話SIMに比べて570円も安くなります!

全く同じ作業でこれだけ安くなるのは儲けものですね(●>щ<●)

START SIMの契約方法

今のところは店頭でスタートパッケージを購入しWEBから申し込む方法とWEBで契約する方法があります。

契約は即日で受け取れる店舗契約がおすすめ!

web申し込みとは違いその場で入力情報などを全て確認してくれるので安心してお任せできます。

店頭契約は近日対応予定ということです。
(開始され次第、追記予定)

契約に必要な書類は?

補助書類の必要がない書類

運転免許証
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・運転免許経歴証明書
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書
住民基本台帳カード(写真付きカードのみ)
マイナンバーカード(個人番号カード)(おもて面のみ)
・届出避難場所証明書

マイナンバーの通知カード(顔写真がないもの)は本人確認書類になりません。


補助書類が必要ない書類でも現住所に更新されていない場合は補助書類が必要になります。

補助書類の用意も厳しいようであれば本人確認書類の住所を現住所に更新してから契約するようにしましょう。

補助書類が必要な書類

被保険者証
 ・国民健康保険
 ・健康保険
 ・健康保険日雇特例被保険者手帳
・国家公務員共済組合員証
・地方公務員共済組合員証
・私立学校教職員共済加入者証
日本国パスポート

補助書類


・ご本人名義の住民票(発行から3ヶ月以内でマイナンバーの記載のないもの)
・ご本人名義の公共料金(電気、ガス、水道)領収書(発行から3ヶ月以内で現住所の記載があるもの)

さいごに


最低利用期間なし&違約金なし」なのでMNP弾としては
かなり最適なSIMカードではないでしょうか?


これから店舗即日契約も開始予定ということなので
在庫の取り置きは早めにした方がいいかもしれませんね!


きっと、人気でしょうから。。